観光トロントの公式ウェブサイト
16
October

トロントで行われるカスクビールイベント

空前のクラフトビール・ブームに沸くトロント。日本でも徐々に始まった個性的なエールビール造りですが、そのルーツに迫るカスクが一堂に会する「Cask Days」イベントが今年も10月20日(金)〜22日(日)の日程で行われます。
Continue reading »

no comments

3
October

トロントのアイスホッケーチームご紹介

夏が終わりを告げるとやってくるのが、アイスホッケー。トロントはNHLとAHLのプロリーグに所属するチームがそれぞれ1チームずつあるという、北米でも稀な街。ホッケーの殿堂もあり、名実ともに「カナダのホッケータウン」の名を欲しいままにしてます。
Continue reading »

no comments

1
January

A HAPPY NEW YEAR 2013!

FireworksCityHall201301

時差の関係で一足先に2013年を迎えた日本を追いかけるように、先ほどトロントでも新たな一年が始まりました。トロント市庁舎では、今年も新たな一年の始まりの瞬間に盛大に花火が上がり、一年の門出を祝いました。

CityHall2013NewYearSkate

カナダには毎年多くの方が世界中から訪れていただいています。年の初めに、今年も皆様の旅の安全を願わずにはいられません。

旅の目的はさまざまだとは思いますが、旅程を通して多くの良い巡り合わせがあり、カナダとトロントをもっと多くの皆さんに知っていただくことができればと願っています。

昨年より一年間、ブログをご覧いただきありがとうございました。

皆様にとって、良い一年になりますように。

no comments

24
October

トロント光の祭典でクリスマスを祝う

Cavalcade of Lights 2009
秋も深まるトロントですが、クリスマスへ向けての準備が街全体で始まっています。12月が近づくにつれ、あちこちで様々な催し物やクリスマス・セールが盛んに行われますが、数あるイベントの中で「これは外せないクリスマス・イベント」第一位と言えばコレ、「トロント光の祭典」。今年は約3週間後(!)の11月17日(土)、午後7時から市庁舎前広場で行われます。

Continue reading »

no comments

23
October

トロント・ファッションウィーク2012開幕!

20121022_191629

いよいよ始まりました、カナダのファッションシーンの今を知る「World Mastercard Fashion Week Toronto」。

Continue reading »

no comments

22
October

トロントで、手軽に広東料理を食す!

オンタリオ州観光局日本語ウエブサイト「オンタリオ・スタイル」で、現在紹介されている「おいしい冬トロント」キャンペーン。その一つにH.I.S.でトロント旅行を申し込むと入手できる「トロント・グルメマップ」があります。

実はわたくしもほんのチョットだけ、地図の制作に現地スタッフとして協力させていただきました。そのご縁で実際のマップを一部GET! そこで早速行ってきました、チャイナタウン!

【コンパクトで可愛いマップ】
実際に使ってみて分かったのですが、何と言っても手のひらにすっぽり入るオシャレサイズがいい感じ。街を歩いていても取り回しに便利なうえ、広げても目立たなくて便利です。

20121018_134339

Continue reading »

no comments

21
October

アイスホッケー「オンタリオ州対決」!

昨晩はトロント・マーリーズ対ハミルトン・ブルドックス戦。「オンタリオ州対決」のため、「カナダ国歌」だけの斉唱でした。

20121020_190652

20121020_190724
(試合前のセレモニーのために入場するマーリーズの選手たち)

20121020_191123
(第一ピリオド開始のフェイスオフ!)

実は昨晩ハミルトンには4-1で負けてしまったこともあってか、またスポーツチャンネルでのテレビ生中継があったためか、昨晩一発奮起。第一ピリオドから猛攻、Greg McKegg〜Kenny Ryan〜Kenny Ryanと立て続けに3点をゲット! 

20121020_191212_01
(第一ピリオド開始51秒で G.McKegg が先制ゴールをあげた瞬間)

20121020_193100_01
(2得点と大活躍した背番号25番 K.Ryan。ファンも思わず立ち上がってガッツポーズ!)

第二ピリオドではNicolas Deschamps〜Mike Kostkaと2点を追加、勝利を確実なものとしました。

20121020_202326_01
(第二ピリオド、パックをゴールに押し込む N.Deschamps)

ゴーリーは今シーズン初出場のJussi Rynnasが31ショットを見事にセーブして、シャットアウトの5-0でハミルトンを下しました。

20121020_204813
(ハミルトンの猛攻をシャットアウトした J.Rynnas は好セーブを連発)

入場者数は7,618人と、この日も大入り満員。チームはスタートダッシュにつまずいていますが(現在西カンファレンス最下位)、ぜひとも盛り返してもらいたいものです。
20121020_204609
(今晩も大入り満員だった RICOH COLISEUM)

それにしてもこの両チーム、何かあるんですかね・・・
こんな全員攻撃も見た事ないですが、観客はガラスをたたいて大喜びでした。

20121020_214021

昨晩はいつもの試合風景に加えて選手の入退場も撮ってみましたが、ファンとハイタッチをしたりなかなかのものでした。
20121020_184705
(試合前の練習から控え室に戻る主将の R.Hamilton)

今日は3時から同じく「リコー・コロシアム」でデトロイト戦です。

トロントマーリーズ/チケットについての詳細は:http://www.marlies.ca/
本拠地のリコー・コロシアムについては:http://www.ricohcoliseum.com/

no comments

20
October

トロントで「ゾンビ・ウォーク」

本日10月20日(土)午後3時から、トロントで「ゾンビ・ウォーク」が行われます。(公式ウエブサイト(英語):http://torontozombiewalk.ca/

この「ゾンビ・ウォーク」、英語では「zombie mob、zombie march」などと呼ばれ、北米の大都市から始まり今ではヨーロッパやアジアでも行われているイベント。その始まりを調べてみると、ゾンビが出演する「ホラー映画」のプロモーションとして2001年にカリフォルニアで行われたものが記録として残されている初期のものだそうです(WikipediaのZombie Walkの項)。

新し物好きで目立ちたがり屋のトロントっ子がこのイベントを見逃すはずはありませんね。
トロントと「ゾンビ・ウォーク」の関係を上記の公式ウエブサイトにたずねてみると、2003年10月にダウンタウンで初めての「ゾンビ・ウォーク」が行われたと記録されていて、今年が10周年の記念の年になります。

TIFF - Zombie Walk
(市庁舎前を徘徊するゾンビたち/2009年の「ゾンビ・ウォーク」で撮影)

トロント初の「ゾンビ・ウォーク」は映画のプロモーションが主な目的だったことに反して、スポンサーなし。ようするにただ単に「好きでゾンビになって」行進したものですが、今となってはこれが「ゾンビ・ウォーク史上初」の「自主的ゾンビ・ウォーク」だったとか。ビックリですね。

さらに驚きはこの時の参加者。ホラー映画の熱狂的なファンがこぢんまりと始めたもので参加者はたったの6名! 少数のゾンビが街を行進する様子、想像しただけでも・・・

ゾンビがたくさん出てくるホラー映画の商業的成功の後押しもあり、「ゾンビ・ウォーク」の規模も大がかりになって行きます。特に日本のゲーム会社「カプコン」が販売したプレイステーション用ゲーム「バイオハザード」を2002年に映画化した「バイオハザード (Resident Evil)」が有名ですね。シリーズ化されたこの映画、今年(2012年)9月に第5作が発表されたばかりです。

実は2004年に製作された第2作「Resident Evil: Apocalypse(邦題:バイオハザードII アポカリプス)」はトロントでも撮影が行われました。半円形のビルが二つ組み合わされて中心に宇宙船のようなドームがあるトロント市庁舎が何度も登場しています。そしてクライマックスでは主演のミラ・ジョヴォヴィッチが外壁を駆け下り市庁舎が爆破されるという、地元に住む私たちには何とも衝撃的なシーンで話題になりました。(もちろんCGですが・・・)

この映画の公開以来、トロント市庁舎前はトロントに住むゾンビ映画ファンの「聖地」となり、今回の「ゾンビ・ウォーク」も市庁舎からのスタートとなります。

このように意外に縁が深い「ゾンビ」と「トロント」。
さらに調べて行くと、「ゾンビのゴッド・ファーザー」とファンから敬愛される「ゾンビ映画の第一人者」George A. Romero監督はトロント在住。2009年には「トロント国際映画祭」の野外イベントに登場。この時トロントのゾンビたちは、「ゴッドファーザーに敬意を表すゾンビ・ウォーク」を披露し、レッドカーペットを行進。私もこの時撮影でイベントに参加していました・・・

TIFF - George A. Romero
(ファンに挨拶をするGeorge A. Romero監督/2009年9月トロント国際映画祭で)

TIFF - Zombie Walk
(レッド・カーペットを行進するゾンビたち)

最後に、ゾンビが主演するショート・ムービーをどうぞ。ちょっと面白いストーリーになっています。

no comments

19
October

トロント・ファッションウィークで
カナダの今年のファッションを占う

トロントで年二回行われるファッションショー「World Mastercard Fashion Week Toronto」。

カナダの最新ファッション・シーンを5日間かけて紹介する2013年春コレクションが「Canadian Catwalk Spring 2013 Collections」と題して、いよいよ来週月曜日(10月22日)よりダウンタウンのDavid Pecaut Square(ロイ・トムソンホールの隣の特設会場)で始まります。

20110312_164119
(会場手前にはロイ・トムソンホールが見える)

20110312_170433
(オープニングを待つ招待客の皆さん)

20110312_165109
(会場内にはゴージャスなバーも)

20120312_215406

20120312_204703
(今年の3月に行われたファッションショーのオープニングから)

今回のランウェイに登場するのは以下の32のブランド。毎回おなじみのHolts(Holt Renfrew)、Joe Freshに加え、新進気鋭のカナディアン・デザイナーブランドがずらりと並びます。

Adrian Wu/Allistyle/ARTHUR MENDONÇA/ASHTIANI/Bustle/Caitlin Power/Christopher Bates/Paidemoyo Chideya/Dreamboat Lucy/DUY/Evan Biddell/EXPRESS/Holt Renfrew/JOE FRESH/KORHANI HOME/Lauren Bagliore/Mackage/MALORIE URBANOVITCH/Lucian Matis/Mélissa Nepton/Nicole Campre/Paraezo/PAVONI/PINK TARTAN/Patty Nayel/Rachel Sin/SOIA & KYO/Travis Taddeo/TRIARCHY/UNTTLD/VAWK/WHITNEY LINEN

ファッションショーは、メイン会場となる「ランウェイ」、少人数でカジュアルなセッティングの「スタジオ」の2カ所。一人のデザイナーが約30分間のショーを行い、1時間おきに観客を入れ替える形になります。

20120312_214605

20120314_160553_01
(ランウェイをさっそうと歩くモデルさんを眺めるのがショーの醍醐味)

20120314_141501

20120314_150546
(アットホームなスタジオでのファッション・ショー)

なんといっても醍醐味は「ランウェイ」で味わうゴージャスな雰囲気。スタジアム形式の客席に座りモデルさんがさっそうと歩くランウェイは、なかなかの迫力。一方「スタジオ」はモデルさんとの位置関係も近く、よりカジュアルな感じでファッションを楽しめます。スケジュールは下記をご覧下さい。

http://worldmastercardfashionweek.com/calendar/

20120313_170923_01
(ランウェイを歩いてみると、パッドが入っていて適度な固さに調整されている)

20120313_191605
(最前列に陣取るのはVIPおよびファッション関係者)

ショーへのアクセスはチケット制。スタジオ$25、ランウェイ$50、一日通し券は$175。下記のウエブサイトからオンラインで購入できます。すでにチケットが完売しているものもあるようです。(なおスケジュールにあってチケット・リストにないものは招待制です)

http://worldmastercardfashionweek.com/register-wmcfw/register-general/

20120312_211526

このファッション・ウィーク、年々ソーシャルメディアとも積極的に関わっているのですが、新たな試みで始まった{STYLICITY BLOG}は要チェック(英語のみ)。4名のファッション・ブロガーがクイーン・ウエスト、クイーン・ウエストの西、ブロア/ヨークビル、キング・ウエストの4つのオシャレなトロントのネイバーフッド(特徴のあるエリアをこのように呼びます)をレポートします(10月19日よりスタート)。

http://worldmastercardfashionweek.com/Stylicity/

トロント観光局日本語ブログは今回もメディアとして写真を中心にショーの様子をレポートいたします。

月曜日のHoltsのオープニングを中心に、ランウェイ/スタジオで行われるファッション・ウィークの模様をお伝えして行きますので、乞うご期待!!

ウエブサイト:http://worldmastercardfashionweek.com/
Facebook : http://www.facebook.com/WorldMasterCardFashionWeek
Twitter : https://twitter.com/WMCFashionWeek
YouTube : http://www.youtube.com/user/WMCFashionWeek

no comments

16
October

トロントにアイスホッケーの季節到来!

20121013_171046
選手と経営者が対立して開幕のメドがたたないNHL(ナショナル・ホッケーリーグ)を横目に、もう一つのプロフェッショナル・アイスホッケーリーグ(独立リーグ)AHL(アメリカン・ホッケーリーグ)が一足先に開幕。先週土曜日(10月13日)に地元トロントのチーム「トロント・マーリーズ(Toronto Marlies)」が本拠地リコー・コロシアム(RICOH COLISEUM)で今シーズンの初戦を行いました。

20121013_160948
20121013_160520
昨シーズン、マーリーズは所属する西カンファレンスで優勝後、カルダーカップ杯決勝戦にコマを進めたものの惜しくも優勝を逃してしまいました。それでもコロシアムには昨シーズンのカンファレンス優勝を記念する大きな垂れ幕が掲げられ、入場者にはこの日だけ記念のTシャツが配られました。

20121013_161320
美しく整備されたリコー・コロシアムのアイスリンクは、選手たちの登場を待ちます。

20121013_170030
昨シーズンの「強いマーリーズ」を覚えているファンが熱狂的な声援を送るなか、華やかなアナウンスとともにひとりずつリンクに迎え入れられるという演出は、北米ならでは。

20121013_170337
国歌斉唱の後にいよいよゲーム開始です。対戦相手は昨シーズン相性が良かった「ロチェスター・アメリカンズ」。

20121013_180743
この日は開幕戦とあってコロシアムは超満員。

20121013_183547
なんと定員ぎりぎりの7921名の入場者数、チケットはSOLD OUTでした。

20121013_172439_02
試合は第一ピリオド序盤から白熱したゲーム展開。

20121013_172040
それでもマーリーズが立て続けに2点を先取。

20121013_174457
有利に試合を進めます。

20121013_181006
この日も鉄壁の守備を誇るB.Scrivens選手は守備に大活躍。

20121013_191831
そして攻撃の要となった主将のR.Hamilton選手は、この日なんと2得点。

20121013_193650
ホッケーシーズンを心待ちにしたファンは、大満足!

20121013_192132_02

20121013_192133_01
第三ピリオドのになっても攻撃の手をゆるめないマーリーズは追加点を奪い、見事3−1で勝利を手にしました。

20121013_194626
開幕戦を見事に勝利し、喜び合うマーリーズのチームメート。

20121013_195656
今シーズンのマーリーズ、ぜひ昨シーズン同様の活躍を期待したいものです。

続けて行われた翌日の試合については、次回にまた・・・

マーリーズの次戦は10月20日(土)午後7時/21日(日)午後3時、それぞれリコー・コロシアムで行われます。(土曜日の試合は時間が3時から7時に変更になりました)

なお今シーズンは年間の撮影許可を得る事ができましたので、随時マーリーズの本拠地での活躍の様子をお伝えして参ります。ご期待ください!

トロントマーリーズ/チケットについての詳細は:http://www.marlies.ca/
本拠地のリコー・コロシアムについては:http://www.ricohcoliseum.com/

no comments

« Previous Entries