観光トロントの公式ウェブサイト
30
September

トロントで行われる、プーティン大食い世界大会

Smoke_01

「トロントに来て、カナダらしい食べ物は?」と聞かれて、正直チョット迷います。ここじゃなきゃ絶対食べられないものについて思いめぐらして「さて、何をオススメしましょう?」と。。

日本では「B級グルメ」とか「ご当地グルメ」が大流行りですが、カナダでチャンピオン級のそれは「ビーバー・テイル」と「プーティン」と言っていいでしょうか・・・。論より証拠、百聞は一見に如かずですから、この週末に行われる、Smoke’s POUTINERiEというプーティン専門のチェーン店が行うヤング・ダンダス・スクエアのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?
Continue reading »

no comments

25
September

来春営業開始の「UP Express」最新情報(2014年9月現在)

UP_10

トロント国際空港とダウンタウンを結ぶ鉄道、「UP Express(アップ・エクスプレス)」。来春の開業に向けて順調に工事が行われていますが、少しずつ詳細情報が入ってきていますので、現時点で分かっていることをまとめてお伝えします。

なお使用している車両の写真とイラスト画像のみMetrolinxから提供を受けたものです(All train photos/Graphics courtesy of Metrolinx)。
Continue reading »

no comments

23
September

どこから始める? 今年の「Nuit Blanche」

トロントの街全体を使ってアート展示を行う「Nuit Blanche(白夜祭)」。フランスから始まったイベントが、2006年トロントで北米初上陸を果たし、今年で9年目を迎えます。上の公式ムービーは、昨年のイベントをまとめた「Scotiabank Nuit Blanche 2013 Highlights」ハイライトです。

日程は、毎年10月最初の週の土曜日日没スタートで翌日の早朝までの12時間。今年は10月4日(土)午後6時53分スタート。なぜ6時53分からかというと、この日の日没が6時52分だから、という念の入れよう。メイン・スポンサーはスコシア銀行ですが、トロント観光局もスポンサーとしてサポートしています。

特徴は、とにかく展示が多いこと。市内全域が会場になり、昨年は全部で112件のアートプロジェクトが展示されました。いろいろ見られるのは嬉しいことですが、「どこから始める?」というのが悩みの種。まずはイベントの概要をおさらいしてみましょう。
Continue reading »

no comments

17
September

トロントで観る、最近のミュージカル(2014年9月)

mirv09_04
(Ed Mirvish Theatre Interior – Courtesy of Mirvish Productions)

9月に入り、トロントのミュージカル劇場は新しいプログラムがスタート。コンパクトなダウンタウンにある美しい劇場はアクセスが良く、言って見ればそれほど多くの演目がかかっていない分、選びやすいのが特徴。肩の力を抜いて「ミュージカルでも見に行こうか・・・」と、出かけるのがトロント流。

劇場に入るためのドレスコードは特にないので、特に気合いを入れておめかしをする必要はなく、カジュアルで楽な格好で充分。演目はだいたい2時間半ほどで、合間に休憩が入ります。トロントで最大のプロダクション「Mirvish(マービッシュ)」でかかっている代表的な演目は以下の通りです。
Continue reading »

no comments

12
September

この週末は、「トロント・ポーランド祭り」もお忘れなく

Pol_06

前回はウクライナフェスティバルをご紹介しましたが、同じ今週末(9月12日〜14日)に行われるのが、ポーランド祭り(正式名:The Roncesvalles Polish Festival)。
http://polishfestival.ca/

Continue reading »

no comments

11
September

トロント・ウクライナフェスティバルは明日(9月12日)より3日間

Ukran_02

明日より3日間の日程で行われる「ウクライナフェスティバル(Bloor West Village Toronto Ukrainian Festival)」。であった昨年のフェスティバル(第17回)には、約60万人の参加者が集まったと発表されており、秋に行われるトロントの野外フェスティバルとして根強い人気を誇っています。
http://www.ukrainianfestival.com/

Continue reading »

no comments

6
September

カナダ建国150周年まで、あと3年

s0327_ss0003_fl0007

この写真は、1880年頃の「ヨーク砦(Fort York)」を伝えるパノラマ写真。19世紀に流行していた鶏卵紙写真(アルブミン・プリント)は、独特の風合いを加えています。写っているのは当時の兵隊の皆さん。写真の由来を示す記録を読むと、ヨーク砦の射撃訓練場の前に整列した「Company A, Queen’s Own Rifles」と呼ばれる軍隊が絵画として描かれたものを、写真に撮影したもののようです。トロント・アーカイブにスキャンされたものが保存されています。(パブリック・ドメイン:City of Toronto Archives, Series 327, Sub-series 3, File 7.)

Continue reading »

no comments

5
September

どこから始める? 2014年のトロント国際映画祭(TIFF)

Tiff_13

TIFF(ティフ)の愛称で呼ばれる、2014年のトロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)。いよいよ昨日の9月4日(木)〜14日(日)まで11日間の日程で開幕しました。

この期間中、世界初公開のものも含めたくさんの映画をトロントで見ることができるTIFF。映画館に並ぶファンの行列は最終日まで続き、映画関係者もトロントでの宣伝や業界のネットワーク作り、商談など様々な催し物が様々なレベルで行われる一大イベントです。

Continue reading »

no comments

2
September

トロント国際空港とダウンタウンの間をTTCでアクセス

TTC_Air_57

カナダの東の玄関口、トロント国際空港。正式には「Toronto Pearson International Airport(トロント・ピアソン国際空港)」。空港の名前に付けられている「Pearson」は、カナダの第14代首相レスター・B・ピアソン氏のこと。彼は第二次中東戦争時にカナダ外相として紛争解決に大きな役割を果たしたことから、1957年にノーベル平和賞を受賞。1963年〜68年まで第14代カナダ首相として、現在のカナダ国旗を制定、現在に続く年金や医療のシステムを作り上げるなど多大な功績を上げたことから、1984年にカナダの代表的な空港として世界への玄関口となっているトロント国際空港に彼の名前が加えられたわけです。

2010年には3,180万人がこの空港を利用し、418,292回の離発着が行われる巨大都市空港(なお羽田空港は6,670万人、38万4000回)。トロントのダウンタウンから遠からず、近からずの約22キロの国際空港へのアクセスは様々ですが、今回はTTC(トロント市交通局)を使い、「192 Airport Rocket」と呼ばれるキップリング(Kipling)駅発着のルートをご紹介します。

Continue reading »

no comments