観光トロントの公式ウェブサイト
検索:

4月から始める、アイスホッケー観戦

カナダ建国150周年を迎える年、Canada’s Downtownのキャッチフレーズが新たにつけられたトロント。カナダの大都会に暮らす人々の心の奥底に流れる文化をに触れたいと思う時、建国以前にまで遡る伝統を持つアイスホッケーは外せません。

この街は、歴史と伝統を余すところなく表現されたホッケーの殿堂があり、NHL/AHLリーグに所属するプロ2チームが本拠地を置く北米を代表するアイスホッケー・タウン。

2017年の今年、メープルリーフス(NHL)とマーリーズ(AHL)はそれぞれプレーオフ進出を果たしました。そう、選ばれたエリートチームのみが戦いを繰り広げるこれからが、シーズン一番の盛り上がりを見せる時期なのです。

楽しみ方は、試合開始の1時間前にリンクに入ること。座席を確認しオフィシャルショップでグッズ類を見たりして過ごし、試合開始前の練習が始まったら間近で見られる通路のオン・ザ・グラスへ。

こんな風に過ごして、練習を見終えたらコーヒーやビールなどを買い求め、座席に着けば試合開始です。

リーフスはエアカナダ・センターで、マーリーズはエキジビション・プレース内のリコー・コロシアムが会場で、それぞれ公共交通機関で行けるダウンタウンの便利な場所にあります。美しく整備されたリンクもまた、一見の価値があります。

この時期リーフスのチケットを手に入れるのは至難の技ですが、マーリーズを試してみてはいかがでしょう。ぜひ沸き立つカナディアンの応援風景も合わせて、春のトロント滞在を楽しんでください。


Category: スポーツ/エンタテイメント |

no comments

Comments are closed.