観光トロントの公式ウェブサイト

写真で振り返る、カナダ建国150周年記念トロントイベント

カナダ建国150周年を記念した今年のカナダデー。トロントでは各所で祝祭イベントが行われました。大盛況だったダウンタウンの様子を、写真で振り返ってみたいと思います。

1)トロント市庁舎前広場

ハイライトは、6月30日(金)より7月3日(月)まで4日間の日程で行われた「TO Canada with Love」と題した祝祭イベント。連日大盛況、広場には毎日多くの人が訪れていました。特に人気なのがトロントサイン。ここに腰掛ける人が一日中絶えることはありませんでした。

メインステージでは毎日様々なコンサートが、ポンドステージではダンスやアクロバットなどのパフォーマンスが中心。日が暮れると花火の時間。毎日のハイライトに埋め尽くすほどの観衆が集まりました。

2)ウォーターフロント・フェスティバル

カナダデーの午後にウォーターフロントへ向かうと、実にたくさんの人たちが集まっていました。イベント会場となったHTOパークは、身動きできないほどの大変な混雑。お目当は、巨大なラバーダック。一緒に記念撮影をする人たちが絶えることはありませんでした。

3)トロントジャズフェスティバル

同じ日程で、ダウンタウンでは恒例のジャズフェスティバルが開催中。普段はショッピングで有名なヨークビルでストリートが閉鎖され特設ステージが作られ、野外コンサートが行われていました。演奏が始まると多くの人が集まってきます。公園内にできたステージでは、小高い丘に座りジャズ演奏を聴く人たちが。自由な雰囲気はトロントらしいですね。

4)CNタワー

カナダデーには、一日限りの花火が予定されていたCNタワーに向かいました。この日の展望台はカラフルなイルミネーションが印象的。5分間の花火には、多くの歓声が上がりました。

ツイッターで投稿した4日間の様子をまとめました。詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://twitter.com/i/moments/882681498704457729


Category: イベント |

no comments

Comments are closed.