観光トロントの公式ウェブサイト

トロントの紅葉見所ガイド

紅葉のトロント。例年ですと、9月下旬から色づき始め、10月中旬頃までが見頃です。

ダウンタウンには楓の木が植えられていますので、街を歩いていると綺麗な紅葉を見ることができます。わかりやすくてフォトジェニックなのは、CNタワーの南側。ちょうどボックスオフィスから道路を渡って南側に200メートルくらい歩くと、綺麗に紅葉する木が数本あります。これをCNタワーをバックに取ると、トロントに来たんだな、ということがよくわかる一枚が撮れると思います。

ダウンタウンでもう1箇所は、ハイパーク(High Park)公園。入り口付近も綺麗ですが
スロープを降りたカフェの裏側に大きな楓の木があります。ここの紅葉は毎年綺麗です。小高い丘からはバードウォッチングもできます。

少し離れたところでは、トロント植物園(Toronto Botanical Gardens)の裏にある、エドワーズガーデン(Edwards Gardens)。ここはドンバレー渓谷の支流になっていて、クリーク沿いの遊歩道の紅葉が綺麗です。

特にカナダの楓は国旗のデザインにもなっているほど有名。落ち葉を近くで見るとまた違った風景が見えてくるので、そういう楽しみ方もあるかと思います。

トロントの紅葉が終わると、ナイアガラでの紅葉が始まります。珍しいところでは、ワイナリーの紅葉はなかなか綺麗です。

まだまだ綺麗なところは沢山あります。写真は、樹齢300年と言われる、カナダ最古のComfort Maple。ぜひトロントの秋を楽しんでいただけたらと思います。


Category: 観光スポット |

no comments

Comments are closed.